Kaizen プロセス管理プラットフォーム

既製品とは違う
オーダーメイド・ITシステム

computer-g6ba48f4dd_1280.jpg

半導体関連事業者様

機能や操作感がこんな風になるといいな…という思いが現実となる喜びを感じた。初めてのクラウド運用の心配も無用だった。

業界の労働者

金属加工業様

​要件定義もなくシステム開発がスタートできて「助かった」。稼働後も機能が追加され、未だに最終仕様がない不思議な感覚。

缶詰食品

​食品事業者様

エクセルと紙に振り回される毎日。ずっとIT化は無理と思っていた。パッケージ製品ではきっと無理だったと思う。

kaizen-org.png

Kaizen

Kaizenプラットフォームはプロセス管理を行う上で必須の機能を提供するソフトウェア基盤で、主に製造業様向けのITシステムとしてご利用いただいております。

Kaizenプラットフォームの目的は、お客様の業務に合わせたITサービスをより早く、より安価に提供することです。

要件定義、お客様がシステムの最終型を予め決めること、これはお客様にとって大変な負担です。Kaizenプラットフォームでは「小さな開発」を繰り返しながらシステムの最終型に近づけていきます。

Kaizenプラットフォームで構築されるシステムは「クラウド」で安全に運用されます。システムの保守は弊社が行います。お客様はシステムを使うだけ、保守に無駄な時間を割く必要はありません。

 

はじめてみませんか?

01

目的を定めましょう

ITシステム導入の目的を考えてみましょう。

業務の見える化、データの収集、現場との情報共有など、システム化に向けた「夢」をイメージして下さい。

02

夢をお聞かせ下さい

やりたいことが定まったら弊社にお問い合わせ下さい。「夢」の実現に向け、情報交換させて下さい(無料)。

03

プロトタイプをご提案します

Kaizenプラットフォームを使用した評価版(プロトタイプ)をご提案させていだきます。
 

¥95,600 〜(税別)要お見積り

04

夢を膨らませて下さい

プロトタイプは3ヶ月間無償で試用できます。
プロトタイプを試用して、システムのイメージをより深めて下さい。

05

Kaizen開発の始まり

ここから本格的な開発のスタートです。
お客様とコミュニケーションを計りながら、最初の目標に向かって開発が進められます。

Functions

White Structure

進捗管理

オーダーや生産工程、人や機械の状況を管理します。今を知るための機能です。

White Structure

在庫管理

現在在庫数量の把握にとどまらず、生産計画に基づいた戦略的な在庫計画の立案を補助します。

White Structure

計画管理

生産計画や人材配置等、計画の立案、修正、実施を行う機能です。

​未来を設定する為の機能です。

White Structure

モニター

現場に設置された大型TVで情報を共有する機能です。必要な情報を見やすくカスタマイズします。

White Structure

実績管理

納品や生産実績、作業工数等を知るための機能です。

​過去を振り返るための機能です。

White Structure

現場端末

現場からの情報を収集するため​、また作業者へ情報を提供するためのタブレット端末機能です。

Sensing Tech.

Sphere on Spiral Stairs

QRコード

例えば、紙ベースの情報をITシステムと連携させます。

Sphere on Spiral Stairs

PLC

三菱電機社製PLC(Q Series)のデバイス・データを収集します。

Sphere on Spiral Stairs

RF-ID

無線タグを使用して、位置情報や所在確認情報として利用します

Sphere on Spiral Stairs

ボタン、ペダル、音声

情報端末の操作が難しい作業現場向けに、入力走査を補完します。

Sphere on Spiral Stairs

​カメラ

安価なWebカメラを使用して、物体識別、動体認識を行います。

Sphere on Spiral Stairs

小型PC

主に大量なデータを効率的に収集する為のエッジシステムです。

 

お問い合わせ

お問合せありがとうございました